本文へジャンプ メニューへジャンプ

トピックス

第31回反核平和の火リレーが中川町に到着しました

 7月19日(木)、中川町に反核平和の火が猿払村から到着しました。

 この反核平和の火リレーは、1982年(昭和57年)に広島から始まった運動で、広島市の平和記念公園に燃え続ける「平和の灯」をトーチに掲げ、「非核自治体宣言推進」などをアピールしながら全国を走り繋ぐ運動です。

 

 北海道の広大な大地を、3つのルートを同時進行で平和の灯を走り繋ぎます。

 

 中川町に到着した、平和の火を走り繋ぐランナー達はお揃いの緑色のTシャツを着ており、そのTシャツの背中には大きく「73」の数字がありました。

 

 戦後73回目の夏を迎えた日本。

 今日そして未来へと繋ぐために、世界から悲惨な戦争や核兵器が、1日も早く無くなることを切望します。

 ※中川町は平成10年に「非核・平和の町宣言」をしています。

                            

※通行止めのお知らせ 【共和地区ゲートの閉鎖について】

 7月20日(金)現在、道道美深中川線が土砂崩れのため共和ゲートにて通行止めとなっています。

 山菜採り、渓流釣り等で訪れる方はご注意願います。

 最新の情報は、【北海道地区 道路情報】をごらんください。(クリックすると北海道開発局のページに移動します)



 

 

ページトップへ戻る 本文へ戻る メニューへ戻る