本文へジャンプ メニューへジャンプ

トピックス

 

第11回なかがわ利き酒大会がおこなわれました

 2月10日(月)、第11回なかがわ利き酒大会が生涯学習センターちゃいむで行われました。

 三人一組でビール4種類中2種類、日本酒4種類中2種類を当てる利き酒に、今年は48チーム144名が参加。自信満々に回答している方もいれば、首を何回もかしげながら次第に顔が真っ赤になる参加者の姿も見られ、今年も賑やかな大会になりました。

 大会の審査時間の合間には、陸上自衛隊名寄駐屯地から参加していただいた自衛隊員からの自衛隊クイズや、新しい特産品の試食会などが行われました。

 

    

 

-26.8℃の朝

 2月6日(木)、前日の天気予報ではかなりの寒さになると言っていましたが、北海道の広い範囲で今季一番の寒さを記録しました。

 中川町は気象庁の発表によると、午前7時28分に−26.8℃。

 鼻で息をするとくっついてしまうような気温のなか、子どもたちは元気に登校していました。

   なお、この日一番の寒さは同じ上川管内旭川市江丹別で−31.6℃でした。

 

 画像は天塩川の様子(誉大橋から撮影)と樹氷です。

 

 天塩川は中川地区付近は全面結氷していますが、大富付近ではまだ水面が見える所もあり、暖冬少雪の影響かと思われます。

   ※2月9日(日)、6日を超える-27.9℃を記録しました。ちなみに一番の寒さは6日と同じく旭川市江丹別で-36.0℃でした。

   

    

 

幼児センターで節分の豆まきが行われました

 

 2月3日(月)、幼児センターで恒例の豆まきが行われました。

 鬼の怖さに負けないよう、手作りのお面をかぶった園児たちが、豆まきの歌を歌って鬼を待ち構えていると、今年はとても元気で強そうな鬼が入ってきました。

 今年の鬼は毎年来園する鬼に比べて、若くて強い鬼のようです。

 
  園児たちが投げる豆も、かわしたり、園児を持ち上げたりとなかなか退治できません。それでも園児たちは、大きな声で「鬼は外、福は内」と叫びながら、豆を鬼にぶつけていました。

 がんばって鬼を退治した後は、年齢の数だけ豆を食べて、残りは家族の方へのお土産にしました。

 

     

 



 

 

ページトップへ戻る 本文へ戻る メニューへ戻る