本文へジャンプ メニューへジャンプ

トピックス

剣道少年団の鏡開きが行われました

 1月13日(日)、中川剣道少年団の寒稽古、鏡開きが行われました。

 16名の少年少女剣士がトレーニングセンターに集まり、今年1年の抱負を述べた後、寒稽古の一
環として、裸足で雪中ランニングを行いました。

 午後には、生涯学習センターで鏡開きが行われ、大きな鏡餅をお雑煮にして食べました。

 

     

中川消防団出初式が行われました

 1月7日(月)、中川消防団、中川消防支署による出初式、獅子舞パレードが行われました。

 小雪のちらつく寒さの中、制服姿の消防署員、消防団員が災害から中川町民を守り抜く決意を新

たに誓いました。

 また、その後に行われて獅子舞パレードでは、 2頭の獅子舞が町内を練り歩きながら、無病息災

を祈念しました。

 

   

 

中川町成人の日のつどいが行われました

 1月4日(金)、生涯学習センターちゃいむにて中川町成人の日のつどいが行われました。

 今年は9名の新成人が、家族や地域の方々の前で新成人としての門出を祝福されました。

 式には、中学校の担任だった前田先生も来ていただき、まだあどけなかった15歳の時よりも、

男性は凛々しく、女性は可憐に成長した姿を見て、新成人のご家族や地域の方々同様に、とても

喜んでいました。

 

   

                                 

岐阜県飛騨市と「姉妹林」協定を締結しました

 中川町と岐阜県飛騨市は、豊かな広葉樹を擁する地域という共通の強みを更に生かすため、平成 

30年10月31日、飛騨市役所にて「姉妹森」協定を締結しました。

 これまで両市町は、森林・林業関係者が相互に両市町を訪問し、持続可能な広葉樹の森づくりに 

関する意見交換や樹種ごとの特質を生かしたデザイン性の高い家具製作等について学びあうなど、 

着実な交流を重ねてきたところです。

 今回、これまで以上に両市町の森林・林業関係者が連携を深める機会を創出することにより、豊 

かな森の恵みを生かしたまちづくりに弾みをつけます。

 

   

 



 

 

ページトップへ戻る 本文へ戻る メニューへ戻る