本文へジャンプ メニューへジャンプ

トピックス

誉平太鼓保存会の演奏風景

参加団体による合同演奏風景


誉平太鼓保存会が30周年を迎えました

 10月29日(日)、生涯学習センターちゃいむにて、誉平太鼓保存会30周年記念演奏会が行われました。

 名寄市や下川町の近隣の団体のほか、札幌市や利尻富士町の団体も来町され、数十台の和太鼓による迫力ある演奏会が行われ、30周年の節目を祝いました。

 昭和63年から30年。町内イベントでは、必ずと言っていいほど演奏される誉平太鼓は郷土芸能として、着実にその歩みを進めてきました。

 これからの50周年に向けて、保存会会員の研鑽は続きます。

 誉平(ぽんぴら)〜現在の中川、中川二地区の旧名、アイヌ語に由来し、ポン〜小さい、ピラ〜崖のあるところ。という意味となります。

    
 


 

 

ページトップへ戻る 本文へ戻る メニューへ戻る