本文へジャンプ メニューへジャンプ

国民健康保険(国保)とは

 国民健康保険は、だれもが健康で安心な生活を送るための医療制度の一つです。病気やけがなどで入院や通院をしなければならなくなると、医療費の支払いは大きな負担になります。こうした不安を解消するため、国保には自営業の方や会社を退職された方などが加入し、地域住民のお互いの助け合いにより成り立っています。

 

1 国保に加入する方

 職場の健康保険や共済組合などに加入している方、生活保護を受けている方などを除いて、中川町に住んでいる75歳未満の方はみなさん国保の加入者(被保険者)になります。

 また、中川町に外国人登録を行っている方で1年以上の在留期間がある方も、国保に加入することができます。

 

2 国保の届出

 会社を退職したとき、自営業を始めたとき、一定額を超えるアルバイトをするときなどは、国保に加入の届出をしなければなりません。また、就職や転職をして職場の健康保険などに加入したときなどは、国保をやめる届出をしなければなりません。

このようなときは忘れずに14日以内に届出をしてください。

こんなとき 必要なもの

加入するとき

他の市区町村から転入してきたとき

印鑑

職場の健康保険をやめたとき

印鑑、健康保険の喪失証明書

職場の健康保険の被扶養者からはずれたとき

子どもが生まれたとき(国保加入者のみ)

印鑑、母子健康手帳

生活保護を受けなくなったとき

印鑑、保護廃止決定通知書

外国籍の方が加入するとき

外国人登録証明書

脱退するとき

他の市区町村に転出するとき

印鑑、保険証

職場の健康保険に加入したとき

印鑑、国保の保険証、職場の健康保険の保険証または加入証明書

職場の健康保険の被扶養者になったとき

国保の被保険者が死亡したとき

印鑑、保険証

生活保護を受けるようになったとき

印鑑、保険証、保護開始決定通知書

外国籍の方がやめるとき

保険証、外国人登録証明書

住所、氏名など保険証の内容が変わったとき

印鑑、保険証

国保加入の家族が就学などで中川町を転出するとき

印鑑、保険証、在学証明書など

保険証をなくしたり、汚して使えなくなったとき

印鑑、

退職者医療制度の対象になったとき

印鑑、保険証、厚生年金など年金証書

(1)加入の届出が遅れると、届出をした日からではなく、加入資格を得た月までさかのぼって国保税を納めていただくことになります。場合によっては、その間の医療費は全額自己負担となります。

(2)国保をやめる届出をせずに国保の保険証で医療を受けると、国保が負担した医療費をあとで返還していただくことになります。また、国保と職場の健康保険の保険料(税)を二重に支払うことにもなります。

 

発信元:住民課 住民サービス室 最終更新日:2011年10月11日

メールアドレス:nakagawa-jyumin@town.nakagawa.hokkaido.jp

電話番号:01656-7-2814 ファクシミリ番号:01656-7-2440

メニュー項目

ページトップへ戻る 本文へ戻る メニューへ戻る