本文へジャンプ メニューへジャンプ

住宅の新築やリフォームに補助金を交付します 「中川町住宅新築・リフォーム促進助成事業」

 住環境の向上と定住の促進を目的として、自己の住宅を新築またはリフォームされる方に経費の一部を助成しています。

 この制度は、平成27年度から平成29年度までの3カ年の期間で実施し、平成26年度までに中川町から同様の助成を受けて新築またはリフォームされた住宅も対象としています。

 これから自己の住宅の新築またはリフォームを検討されている方は、まずはご相談くださいますようお願いします。

 

1 助成を受けるための要件

(1)助成の対象者

 ア 中川町に住民登録されている、または工事完了までに住民登録を完了する方。

 イ 本人及び同居の親族が町税などを滞納していない方。

 ウ 前年度の世帯合算所得が、1,400万円未満である方。

 

(2)助成の対象となる住宅

 ア 住宅が中川町内にある、または町内に新築するもの。

 イ 工事費用(消費税等を含む)が100万円以上であるもの。

 ウ 建築基準法等の法令に違反していないもの。

 エ 工事は、申請する年度内に完了するもの。

 オ リフォーム工事は、住宅の耐久性を高めるもの、安全上または防災上必要なもの、住環境をよくするまたは衛生上必要なもの、増改築のいずれかに当てはまるもの。

 

2 助成金の額

(1)新築

 上限200万円(町内業者が施工したものは上限250万円)

 ※住宅床面積が120平方メートル未満の場合は、面積に応じた額とします。

 

(2)リフォーム、増築

 上限60万円(町内業者が施工したものは上限80万円)

 ※上の金額を上限として、工事費用の20パーセント(町内業者が施工したものは30パーセント)に相当する額

 

3 着工前に申請書類を提出しましょう

(1)新築

 ア 中川町住宅新築・リフォーム促進補助金交付申請書(必要事項を記入、押印します)

 イ 位置図、平面図

 ウ 見積内訳書などの工事費用がわかるもの

 

(2)リフォーム、増築

 ア 中川町住宅新築・リフォーム促進補助金交付申請書(必要事項を記入、押印します)

 イ 見積内訳書などの工事費用がわかるもの

 ウ 工事着工前の写真

 

申請書の内容について審査を行い、文書で結果を通知します。

 

4  工事が完了したら、実績報告書を提出しましょう

(1)提出いただくもの

 ア 中川町住宅新築・リフォーム促進補助金実績報告書(必要事項を記入、押印します)

 イ 領収証または契約書のコピー

 ウ (リフォームの場合)工事完了後の写真

 エ (申請時に中川町に住民登録されていなかった場合)住民票

 オ 補助金の振込を希望する申請者本人名義の金融機関の通帳の写し

 

5 実績報告書に基づいて審査を行い、文書で交付決定通知を行い、補助金を振り込み、手続きは終了となります

 

6 ご注意いただきたいこと

(1)本事業は3カ年行いますが、申請から工事完了までは各年度内に終了するようお願いします。

(2)必ず工事着工前にご相談と申請書類の提出をお願いします。

(3)建築業者などに工事を発注せず、自己で施工する場合は、助成の対象になりません。

(4)複数業者が施工する場合でも、すべての工事が完了してから補助金を交付します。部分払いや概算払いは、行いません。

(5)二世帯住宅をリフォームする場合は、生計の別、住宅の区分所有、世帯分離などの状況によって申請が可能です。

(6)他の制度によって助成金を受けている場合は、本事業の助成額の算定から除きます。

(7)新築の助成金は、当該年度に50%を交付し、翌年度以降10年間で均等に残りの50%を交付します。翌年度以降の補助金交付については、毎年度末頃に住宅などの要件を審査し、請求書を郵送しますので、必要事項をご記入、押印し、役場へ提出をお願いします。

(8)本事業の要件に該当しなくなったときは、補助金の減額や返還を求めることがあります。

(9)申請後に工事内容などに変更が生じたときは、ご相談をお願いします。変更等申請書を提出していただきます。

発信元:総務課 企画財政室 最終更新日:2016年3月10日

メールアドレス:nakagawa-soumu@town.nakagawa.hokkaido.jp

電話番号:01656-7-2819 ファクシミリ番号:01656-7-2594

メニュー項目

ページトップへ戻る 本文へ戻る メニューへ戻る