本文へジャンプ メニューへジャンプ

保険料

1 保険料の納入

 平成14年4月から、国民年金保険料は国(年金事務所)へ直接納付することになりました。保険料の納付書、口座振替についてのお問い合わせは、旭川社会保険事務所へお願いします。

 問い合わせ先

 旭川年金事務所 電話0166-72-5002

 070-8505 旭川市宮下通2丁目1954-2

 

2 免除

 所得が一定基準以下や失業、災害などの理由により保険料を納められないときは本人が申請し承認されると保険料の納付が免除されます(申請者本人と配偶者、世帯主の所得が審査されます)。

 免除には「免除制度」と「一部納付制度」があります。

 一部納付制度には「半額納付」「4分の1納付」「4分の3納付」があり、納付すべき保険料を納めなかった場合は、一部免除が無効となり、
未納と同じ扱いとなるため、将来の老齢基礎年金の額に反映されず、また、万が一の時に障害基礎年金や遺族基礎年金を受け取ることができない場合があります。

 

(1)手続きに必要な物

 年金手帳、印鑑、(失業中の方は)雇用保険受給資格者証や離職票など

 

3 若年者納付猶予

 30歳未満の方で、経済的な理由などから保険料の納付が困難な場合に申請することによって、保険料の納付が猶予される制度です(本人と配偶者の所得が審査されます)。

 

(1)手続きに必要な物

 年金手帳、印鑑、(失業中の方は)雇用保険受給資格者証や離職票など

 

4 学生納付特例

 大学、専修学校などの学生の方は、本人の前年所得が一定以下であれば申請をして承認を受けると保険料の納付が猶予されます。

 

(1)手続きに必要な物

 印鑑、在学証明書または学生証の写し

 

5 追納

 老齢基礎年金を受け取るとき、保険料の免除期間の年金額は次のとおり減額されます。

(1)全額免除→6分の2

(2)半額納付→6分の4

(3)4分の1納付→6分の3

(4)4分の3納付→6分の5

 また、若年者納付猶予や学生納付特例を受けた期間は老齢基礎年金の受給資格期間には算入されますが年金額には反映されません。

 生活に余裕ができたときに、10年以内であればあとから保険料を納めることができますのでお気軽にご相談ください。

発信元:住民課 住民サービス室 最終更新日:2010年4月9日

メールアドレス:nakagawa_jyumin@north.hokkai.net

電話番号:01656-7-2814 ファクシミリ番号:01656-7-2440

メニュー項目

ページトップへ戻る 本文へ戻る メニューへ戻る