本文へジャンプ メニューへジャンプ

中川町の四季

1月

1月
項目 内容
平均気温 -8.9℃
最高気温 0.1℃
最低気温 -26.5℃
服装 暖かい肌着、フリースまたはセーターなど、厚手のコートやダウン、手袋、ブーツまたは防寒靴
イベント 天塩川春発信inなかがわ
成人の日のつどい

 1月は寒さは厳しいのですが、天気は比較的穏やかな日が多いようです。よく晴れた朝にはダイヤモンドダストを見られることがあります。実際には音など鳴りませんが微かな鐘の音が聞こえてくるような気持ちになります。天気の良い朝と夕方には、サンピラーも見られるかもしれません。

 戸外での楽しみといえばやはりスキー。町内のスキー場も冬休み中は毎日たくさんの子どもたちがやって来ます。毎年、新1年生はロープリフトの特訓です。ちゃんと上まで1人で登れるようになるまで何度も途中で転んでしまう子もいますが、コツがわかれば大丈夫。自分で乗れるようになったら、ますますスキーが楽しくなります。

 真冬でも、動物たちも元気に冬を過ごしています。一面の雪野原にはいくつもの動物の足あとが見られます。スノーシューや歩くスキーを履いて、足あとを辿って行くと思いがけない出逢いがあるかもしれません。

 

2月

2月
項目 内容
平均気温 -5.1℃
最高気温 8.4℃
最低気温 -23.2℃
服装 セーター、フリースなど、厚手のコート、手袋、ブーツ、子どもはスノースーツ、スキーウェアなど
イベント

ゆきあかり

小中学校スキー記録会

 前半は厳しい寒さが続きます。ひどい吹雪に見舞われるのもこのころです。本当に目の前が真っ白になってしまいます。農道は遮るものがないので、地吹雪で道路がすっぽり埋まってしまうこともあります。そんなときはもうどこにも行かず、暖かい部屋の中で吹雪が去るのをじっと待ったほうがいいです。

 中旬を過ぎると、春の訪れを思わせるような暖かな日がやって来ます。かと思うと、春はまだまだと思われるほど寒い日もあり、寒暖の差が大きくなります。でも、その幅は確実に縮まることが約束されていて、春へ春へと向かっていく助走のようなものです。

 

3月

3月
項目 内容
平均気温 -2.8℃
最高気温 8.9℃
最低気温 -18.4℃
服装 コートや厚手のフリース、ブーツ、防寒靴、子どもはスノースーツ、スキーウェア
イベント

スプリングコンサート

 3月といってもまだまだ寒い日が続きますが、日差しは春がすぐそばまで来ていることを実感させてくれます。花の種のカタログを見ながら今年はどんな花を咲かせようかと悩んだり、この夏の畑のレイアウトを考えたり。農家では融雪剤を撒いたり畑の準備が始まります。うんと雪の多い年や、下旬になってもふぶいたりして、今年は春は遅いかもしれないなぁなんて思っていても、月末にはちゃんとアスファルトが見えているから不思議です。 道路は昼間解けて夜にまた凍るので、滑りやすく危険です。運転には充分注意が必要です。

 

4月

4月
項目 内容
平均気温 3.9℃
最高気温 17.8℃
最低気温 -12.0℃
服装 裏地のあるジャケット、フリースなど
イベント

各学校入学式

 いよいよ春の到来です。4月は雪解けの月。毎日少しずつ雪のない地面が広がっていきます。パレットに新しい絵の具を絞り出すように風景に色彩が増えていくのはうれしいものがあります。氷が解けた天塩川は、周囲の山から流れ落ちる雪解け水を受け入れながらとうとうと流れてゆきます。川の水かさも増えてなかなかの迫力で、水は濁っていますが水音は楽しげです。4月の街には黄色いカバーをつけたランドセルの新一年生たちがとっても嬉しそうに歩いているのが見られます。ランドセルを背負ったとたんに目に入るものまで変わってしまうのか、特に下校時はずいぶん時間がかかるようです。まだまだ風は少し冷たいですが、中旬には子どもたちの自転車も見られるようになり、活動範囲が一気に広がります。

 

5月

5月
項目 内容
平均気温 7.4℃
最高気温 24.4℃
最低気温 -3.1℃
服装 長袖のシャツまたは薄手のジャンパー、山や森に入るなら長靴
イベント

中学校体育大会

 5月は新緑の季節です。まずはミズバショウやエゾエンゴサクなどの花が咲き始め、それから風景の中に緑色が徐々に増えてゆきます。また、山菜が豊富な季節でもあります。例年、連休中に雪がちらつくことがありますが、中旬を過ぎると日中は上着なしで過ごせます。それでも、朝晩はまだまだ冷えますので、キャンプなら防寒の用意はしっかりとしておきましょう。北へ帰る白鳥たちともそろそろお別れの季節です。共和地区のカタクリ群生地、安川のキタコブシの花も見ごろを迎えます。

 

6月

6月
項目 内容
平均気温 14.4℃
最高気温 26.1℃
最低気温 -1.1℃
服装 寒くなったら羽織れるものが必要です。昼間は暑くても夜は意外と冷え込みます。
イベント

戦没者追悼式

斎藤茂吉記念短歌フェスティバル作品募集

 北海道は梅雨がないといわれていますが、気温は低いものの、梅雨のようなむしむしした日が続いたりします。半袖半ズボンで1日過ごせる日もあれば、ジャンパーを着ないと寒い日もあり、また朝晩は寒く昼間は暑かったりと、1日の中でも気温の差の激しい時期です。中旬からは牧草の収穫が始まります。農家にとっては1年でいちばんお天気が気になる時期です。好天が続くとぴかぴかの干草が出来上がります。畑に大きなバームクーヘンみたいなロール乾草がたくさん転がっているのもこの時期ならではの風景です。中川町では運動会がこの月にありますが、その日の天気によってたまらなく暑いときと、見ていられないくらい寒いときがあります。キャンプに行くなら夜の防寒はしっかり必要です。

 

7月

7月
項目 内容
平均気温 19.1℃
最高気温 31.5℃
最低気温 9.2℃
服装 夜は何か1枚羽織るものがあると安心で
イベント

斎藤茂吉記念短歌フェスティバル作品募集

佐久神社祭

ぽんぴら市

乳牛共進会

 中川町の短い夏がやって来ました。震えるほど寒い日もないけれども倒れそうなほど暑い日もありません。それでも、道端のオオハンゴンソウを見ると、夏の気分が盛り上がります。6月にオープンする温水の町民プールは寒い日にも子どもたちでにぎわいます。7月半ばの佐久神社祭は、いつも大賑わいです。子どもたちは金魚すくいや綿あめなどを、とても楽しみにしています。このおまつりが中川町の夏の始まりといってもいいかもしれません。

 

8月

8月
項目 内容
平均気温 21.0℃
最高気温 33.0℃
最低気温 11.0℃
服装 Tシャツの上に羽織るものがあると安心です
イベント

中川まつり

佐久ふるさとまつり、盆踊り

なかがわ盆踊り

JA北はるか中川支所ほうねんまつり

 8月のイベントはおまつりです。中川まつりのお神輿や、盆踊りの仮装大会など、お楽しみがたくさんです。お盆を過ぎると涼しくなり、夜も過ごしやすくなります。戸外では肌寒いくらいですので、キャンプなどアウトドアにはジャンパーなど羽織るものを用意しましょう。盆踊りが終わると、子どもたちは新学期です。水泳記録会が行われ、学習発表会や学校祭の準備も始まります。

 

9月

9月
項目 内容
平均気温 16.4℃
最高気温 29.1℃
最低気温 3.3℃
服装 長袖、薄手のジャンパーなど、温度調節のしやすいもの
イベント

りんぐすの集い

パンケ山登山

 

 

 9月になっても昼間は残暑のような暑さが続くことがありますが、ある日突然すっかり秋の空気に変わります。夏の名残を惜しみながら、服装も徐々に袖や丈の長いものに変わってゆきます。酪農家では上旬は2番刈りの牧草、下旬には飼料用とうもろこしの収穫に忙しくなります。畑でも秋の野菜の収穫を迎えます。ほくほくのじゃがいもやかぼちゃはとってもおいしいです。

 

10月

10月
項目 内容
平均気温 9.1℃
最高気温 19.5℃
最低気温 -1.5℃
服装 上着は裏地の付いたジャンパー、厚手のフリースなど
イベント

丸太押し相撲大会、秋味まつり

 

 

 

 上旬は良い天気が続きますが、中旬を過ぎると雨の日が多くなります。冷たい雨が降る毎に、秋が深まっていきます。町営牧場に預けられていた若牛たちもそれぞれの牛舎に帰ります。青草を沢山食べて春よりひとまわり大きくなっています。夕方、雪虫が飛ぶようになり、天塩川沿いの山々も秋の色をだんだんに深めてゆきます。カラマツ林が金色になると、冬もすぐそこまで来ています。

 

11月

11月
項目 内容
平均気温 2.6℃
最高気温 16.3℃
最低気温 -7.6℃
服装 厚手のコート、中綿の入ったジャケット、フリース、セーターなど、靴も防寒で底が滑らないもの
イベント

中川吹奏楽団定期演奏会

 

 

 朝晩の冷え込みも厳しくなり、外はますます寒くなりますが、家の中はとても暖かです。ついつい家の中にこもりがちになってしまいますが、冬の準備もラストスパートです。庭木の雪囲いや、外回りの片付け、除雪機の点検など、雪が積もる前にやらなければならないことは意外と沢山あるものです。冬になりかけの道路は滑りやすくとても危険です。見た目は乾いているようでも、凍っていることもありますので、冬道の運転に慣れていない人はとにかくゆっくり走ることです。くれぐれも飛ばしている車のあとをついて行ってはいけません。

 

12月

12月
項目 内容
平均気温 -5.0℃
最高気温 2.3℃
最低気温 -21.7℃
服装 厚手のコート、ダウンジャケット、暖かい肌着、ブーツ、防寒靴
イベント

図書室くりすます会

 

 

 

 あたりが白くなると、やっと冬です。これからまだまだ寒くなるから今はほんの序の口、と思いつつ、わたしたちは寒さと雪に慣れてゆきます。朝晩はもうずっと氷点下です。自動車の移動が中心だとわりと軽装になりますが上に着るものは厚手のコートやダウンなど、うんと暖かいものが必要です。靴も長靴やゴム底の冬靴を。なにしろ、一晩でどっさり雪が降ることも少なからずあります。自動車にはスコップと長靴と、牽引ロープを積んでおくと安心です。

 

 各月の気温は、2011年の測定値です。

発信元:産業振興課 産業振興室 最終更新日:2012年2月7日

メールアドレス:nakagawa-sangyo@town.nakagawa.hokkaido.jp

電話番号:01656-7-2816 ファクシミリ番号:01656-7-3511

ページトップへ戻る 本文へ戻る メニューへ戻る